現金・仮想通貨がもらえるキャンペーン >>

【ビットフライヤー版】NFTの始め方 | 登録〜購入や出品までわかりやすく解説

本サイトにはプロモーションが含まれます
NFTの始め方-出品- 購入-転売

をつかってNFTを買いたい

スマホでも始められる?

という疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • ビットフライヤーと他取引所の比較
  • ビットフライヤーを使ったNFTのはじめ方
  • SNSアイコンにおすすめのNFT

※全手順の画面キャプチャあり

ビットフライヤー内でNFTの販売はありません、仮想通貨を買って外部サイトでNFTを取引します

ビットフライヤーは以下の点からもNFTにはぴったりの取引所です。

  • イーサリアム(ETH)を販売所より安い手数料で購入できる
  • 少額でも取引OK
  • 0.001ETH〜送金できる

NFTは難しそうにみえますがスマホで出品・購入できるくらい手軽でかんたん。

この記事を読めば、損せずイーサリアムを購入してスムーズにNFTを始められます。

関連記事:NFTアートの作成におすすめのアプリ

口座開設がまだの方はこちらから。

この記事を書いた人
saboプロフィール画像
sabo

NFTアートとゲームを楽しむブロガー
仮想通貨歴 3年 / NFT歴 2年
保有NFT 400点以上コレクションはこちら
実体験をもとに記事を執筆中

  Twitter   Contact

Twitter   Contact

クリックできる目次

ビットフライヤーと他取引所の比較

イーサリアム/ETH

NFTには仮想通貨のイーサリアム(ETH)を使います。

ポイントは販売所ではなく取引所(板取引)をつかって手数料を抑えること。

販売所取引所(板取引)
手数料の名称スプレッド取引手数料
手数料1〜10%程度0〜0.1%程度
メリットすぐに買える/売れる
操作がかんたん
手数料が安い
価格指定OK
デメリット手数料が高い
価格指定できない
注文のキャンセル不可
取引画面が少し複雑

また慣れないうちは少額が基本のため最低送金額もチェックしましょう。

これらを踏まえて、人気の取引所3つを比較しました。

スクロールできます
ビットフライヤー-ロゴGMOコイン-ロゴコインチェック-ロゴ
入金手数料0〜330円
*銀行振込なら0円
無料0〜1,018円
*銀行振込なら0円
振込側の手数料
無料の銀行
住信SBI
三井住友
(SMBCダイレクト)
住信SBI,PayPay
ゆうちょ(ダイレクト)
GMOあおぞら
楽天
取引所での
ETH取扱
ありありなし
取引手数料販売所:スプレッド
取引所:0.01〜0.15%
販売所:スプレッド
取引所:Maker -0.01%
   Taker 0.05%
販売所:スプレッド
取引所:ー
最低送金額0.001ETH0.1ETH〜0.005ETH〜
送金手数料0.005ETH無料0.005ETH
送金先制限なし制限なし(審査あり)制限なし
こんな人におすすめ少額から始めたい0.1ETH以上送金わかりやすさ重視
公式サイト 公式サイト公式サイト
参考:bitFlyerGMOコインCoincheck(2023年9月時点)

≫ 参考:イーサリアム/ETHにおすすめの取引所

ビットフライヤーは以下の点から、NFTをはじめるにもピッタリの取引所です。

  • イーサリアム(ETH)を販売所より安い手数料で購入できる
  • 少額でも取引OK
  • 0.001ETH〜送金できる

他取引所との比較はイーサリアムにおすすめの取引所

ビットフライヤーをつかったNFTの始め方

NFTのはじめ方(ビットフライヤー)_202205

NFTを取引するには以下を使います。

  • イーサリアム/ETH
  • ウォレット(MetaMask)
  • NFTマーケット(OpenSea)

ウォレットはPayPayのような財布の役割で、NFTマーケットはAmazonやヤフオクのようなところです。

ひとつずつの手順はかんたんです。

わかりやすく画像で説明しますので、ぜひ今日からNFTデビューしましょう!

先におすすめのNFTを知りたい方はこちら

Step1:ビットフライヤーでETHを購入

NFTのはじめ方(ビットフライヤー)-1_202205

NFTの売買にはイーサリアム/ETHという仮想通貨を使います。

入手方法は2つ、損しないためには手数料が安い取引所(板取引)を使いましょう。

販売所取引所(板取引)
手数料の名称スプレッド取引手数料
手数料1〜10%程度0〜0.1%程度
メリットすぐに買える/売れる
操作がかんたん
手数料が安い
価格指定OK
デメリット手数料が高い
価格指定できない
注文のキャンセル不可
取引画面が少し複雑

なら取引所(とりひきじょ)で価格を指定してETHを買えるので、私もメイン口座として使っています。

1.ビットフライヤーの口座開設

クイック本人確認をつかえば審査は最短10分です。

まだ口座がない方はこちらから。

ビットフライヤーの口座開設手順

  1. 各規約へ同意
  2. 個人情報と取引目的の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 審査後に口座開設完了
  5. 銀行口座の登録

クイック本人確認をつかって審査完了後、すぐにビットフライヤーが利用できます。

\ 最短10分・スマホでもかんたん /

「対面での本人確認」はハガキの郵送で数日〜1週間かかるので注意

2.ビットフライヤーに日本円を入金

ビットフライヤーへの入金方法

への入金方法は3つ。

7日間の送金制限がない銀行振込がおすすめです。

スクロールできます
入金方法入金元
(あなた側)
入金先
(取引所側)
手数料出金/送金の制限
①銀行振込どの銀行でもOK三井住友銀行,
住信SBIネット銀行
なし
*振込手数料は別途
なし
②クイック入金
(ネットバンキング)
住信SBIネット銀行,イオン銀行,
その他銀行ペイジー
330円
*住信SBIは無料
入金から7日間
③コンビニ入金ローソン・ミニストップ,
ファミリーマート,
デイリーヤマザキ,
セイコーマート
330円入金から7日間
参考:bitFlyer

入金元が三井住友銀行(SMBCダイレクト)住信SBIネット銀行なら同行宛なので振込手数料は無料

他銀行でも「月◯回まで他行への振込無料」などの枠を活用しましょう。

\ 最短10分・スマホでもかんたん /

詳細や入金手順は「ビットフライヤーへの入金方法」をご覧ください。

NFT価格分のETH+ガス代(0.01ETHあればOK)を加味して多めに入金するのがポイントです。

3.ビットフライヤーでETHを購入

ビットフライヤーでは販売所・取引所のどちらでもイーサリアム/ETHが購入できます。

手数料が低い取引所(板取引)で購入しましょう。

販売所取引所(板取引)
手数料の名称スプレッド取引手数料
手数料1〜10%程度0〜0.1%程度
メリットすぐに買える/売れる
操作がかんたん
手数料が安い
価格指定OK
デメリット手数料が高い
価格指定できない
注文のキャンセル不可
取引画面が少し複雑

板取引がはじめての方は「ビットフライヤーでイーサリアムを購入する方法」で手順を確認してください。

Step2:MetaMaskでウォレットを作成

NFTのはじめ方(ビットフライヤー)-2_202205

ウォレットとは財布の役割で、仮想通貨版PayPayのイメージ。

なかでも利用者が多いのがMetaMask(メタマスク)です。

初めてつかう方は注意事項を確認しながらウォレットを作りましょう。

≫ MetaMask(メタマスク)の作り方

  1. アプリをダウンロード
  2. パスワードの設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの設定

*偽サイトに注意!検索せず公式サイトかストアからダウンロードを

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料

▼アプリストアからダウンロード

スマホ版MetaMaskの使い方・登録

アプリの開発元がMetaMaskか必ず確認しましょう

▼アプリを起動し「開始」から「新しいウォレットの作成」をタップ

スマホ版MetaMaskの使い方・登録
スマホ版MetaMaskの使い方・登録

▼内容を確認して「同意します」をタップ

スマホ版MetaMaskの使い方・登録

▼パスワードを2回入力し、チェックを入れて「パスワードの作成」と「開始」をタップ

スマホ版MetaMaskの使い方・登録
スマホ版MetaMaskの使い方・登録

PCとの同期や新しいスマホでMetaMaskを復元する場合に必要

▼「表示」をタップし、画面のスクリーンショットを撮ったら「続行」をタップ

 ※次の画面で12個の単語を順番どおりに入力します

スマホ版MetaMaskの使い方・登録

誰かに知られると不正アクセスの可能性が高まります。資産を失いかねないため、無くしたり知られないように保管してください。

▼先ほどと同じ順番で12個の単語をタップし、「バックアップの完了」をタップ

スマホ版MetaMaskの使い方・登録
スマホ版MetaMaskの使い方・登録

▼「完了」をタップ

スマホ版MetaMaskの使い方・登録

▼この画面でMetaMaskアプリの設定が完了

スマホ版MetaMaskの使い方・登録

赤枠がウォレットのアドレス、トークンの送金やNFTの受け取りなどに使用

スマホとPCを同期する方法は「MetaMask(メタマスク)の使い方」で解説しています。

Step3:OpenSeaとMetaMaskを連携

NFTのはじめ方(ビットフライヤー)-3_202205

OpeaSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイス。

Amazon・ヤフオク・メルカリのNFT版だと考えてください。

NFTマーケットプレイスは他にMagicEdenRaribleSurperRareLooksRareが有名

「イメージがわかない!」という方への参考に、私のコレクションがこちらです。

saboのNFTコレクション

登録はStep2で作ったMetaMaskと連携してプロフィールを整えるだけ。

≫ OpenSea(オープンシー)の始め方

  1. OpeaSeaにアクセス
  2. MetaMaskと連携
  3. プロフィールの入力

NFT用語OpenSeaのページの見方もあわせて解説しているので参考にしてください。

Step4:MetaMaskにイーサリアムを送金

NFTのはじめ方(ビットフライヤー)-4_202205
  • イーサリアム/ETH
  • ウォレット(MetaMask)

が準備できたら、取引所からMetaMaskにイーサリアム/ETHを送金します。

手順はかんたんですが、送金先(ウォレットアドレス)を間違うとイーサリアム/ETHを失う可能性も。

かならず少額でのテスト送金をしてから本送金してください。

≫ ビットフライヤーからMetaMaskへの送金方法

  1. 宛先(MetaMaskのアドレス)を追加
  2. 少額をテスト送金
  3. ②が成功したら本送金

なお、NFTの購入には毎回ガス代がかかります。

NFT価格+0.02ETHくらいをウォレットに送金するのがいいと思います。

現在のガス代はEthereum Gas Trackerの[OpenSea: Sale]を参考に

Step5:OpenSeaでNFTを出品/購入

NFTのはじめ方(ビットフライヤー)-5_202205

OpenSeaでNFTを出品

いよいよNFTの出品です。

出品前に自分のコレクション(OpenSea内のショップ)を作ります。

【OpenSea】コレクション作成

入力内容が多かったり、出品前に決めた方がいいことアイコン・バナー画像・販売に使う通貨)もあります。

画面キャプチャ付きで手順と設定項目を解説してるので参考にしてください。

≫ OpenSeaでNFTを出品する方法

  1. OpenSeaでコレクションを作成
  2. アイテムを登録(Mint/ミント)
  3. アイテムを販売(List/リスト)

OpenSeaでNFTを購入

こちらは購入編。

Add Cart(固定価格)なら購入はかんたんです。

OpenSeaでNFTを購入する手順

  1. OpenSeaのItemページでAdd Cartをクリック
  2. アイテムの詳細を確認
  3. ガス代込みの価格を確認/支払い

ETHアイテムは購入にガス代がかかるので、アイテム価格+0.02ETHくらいをウォレットに入金するのがいいと思います。

▼Itemページで「Add Cart」をタップ

OpenSeaでの購入方法-AddCart
OpenSeaでの購入方法-AddCart

同じ通貨(ETH,Polygon)ならコレクションをまたいで一括購入OK

▼カート内を確認して「Complete purchase」をタップ

OpenSeaでの購入方法-AddCart

▼MetaMaskが起動するのでガス代をみて「確認」をクリック

OpenSeaでの購入方法-AddCart

この時のガス代は0.0008ETH / $1.13 でした。現在のガス代はEthereum Gas Trackerの[OpenSea: Sale]を参考に。

▼「Your purchase is processed!」で購入完了、OpenSea(no-reply@opensea.io)からメールが届く

OpenSeaでの購入方法-AddCart
OpenSeaでの購入方法-AddCart

▼アイテムページのOwnerが「You(あなた)」に変更

OpenSeaでの購入方法-AddCart

▼Itemページの「Item Activity」で、あなたへSaleされたことを確認

OpenSeaでの購入方法-AddCart
OpenSeaでの購入方法-AddCart

▼Profile→Collectedに購入したアイテムが表示

OpenSeaでの購入方法-AddCart

これでNFTを購入できました。

他にもアイテムによってオファーオークションという買い方があります。

3つの購入方法は「OpenSeaでNFTを購入する方法」で解説しています。

Step6:OpenSeaでNFTを転売

NFTは転売によって取引価格の一部がクリエイターに還元されます。

ただの買い物ではなく投資・支援もできるのがNFTの醍醐味です。

OpenSeaでNFTを転売する手順

  1. ItemページでSellを選択
  2. 販売方法と価格を設定
  3. MetaMaskで署名
  4. 出品完了
  5. 購入されたら転売完了

購入したアイテムもGiveawayでもらったアイテムも転売OK。

NFTの転売方法・ガス代を解説」に実例を載せていますのでご覧ください。

SNSアイコンにおすすめのNFTコレクション

SNS(ソーシャルメディア)

NFTには興味があるけどどのNFTを買えばいいかわからない…という方も多いと思います。

Twitterを見ても絵柄や予算などがさまざまで最初のNFTを選ぶのは大変。

SNSアイコンにおすすめのNFT」では、予算別にコレクションを紹介していますのでぜひお気に入りを見つけてください。

【必須】ハッキング対策

digital wallet

仮想通貨やNFTにハッキング対策は絶対です。

  • シードフレーズやパスワードを口外しない
  • 不用意にリンクを踏まない
  • URL確認を徹底してからウォレット接続

など目に見えるものは対策しやすいので徹底しましょう。

怖いのは目に見えない通信から個人情報・パスワードを読み取るハッキング

特に注意したいのは外出先やホテル・カフェなどの公共Wi-Fi

誰でも接続できるためハッカーがあなたのネット接続の様子を盗み見してる可能性もあります。

なので、VPNを使って情報暗号化して仮想通貨や個人情報が盗まれない対策は必須です。

おすすめのVPNサービスは「NordVPNの始め方・使い方」で解説してます。

NFTの専門用語集

NFT用語集

ここまでに初めて聞いた単語・よくわからない略語がたくさんあったと思います。

曖昧な理解だとせっかくの機会を逃したり詐欺や偽物を見抜けないかもしれません。

わからない単語は「NFTの用語集」を参考に、ぜひWeb3の世界を楽しんでください!

よくある質問

NFTをはじめるにあたって、よくある質問をまとめます。

bitFlyerでNFTを受け取る方法は?

現時点でbitFlyerはNFTを販売していません。bitFlyer主催のKUMALEON NFTプレゼントキャンペーンなどは、ウォレットのイーサリアムアドレスをbitFlyerの送付先に登録する必要があるようです。

≫ MetaMaskのアドレスをbitFlyer登録

OpenSea以外のNFTマーケットプレイスは?

海外だとMagicEden・Foundation・Raribleでウォレットが必要、国内はCoincheck NFT(β版)やHEXAなどウォレット不要なマーケットもあります。

≫ おすすめのNFTマーケットプレイス

OpenSeaのガス代はどのくらい?

販売側・購入側によってガス代が必要なタイミングが異なります。詳しくは以下をご覧ください。

≫ OpenSeaのガス代とタイミング

NFTにするデジタルアートの作り方は?

専用アプリを使えば思ったよりも簡単にドット絵やピクセル・ボクセルなどのデジタルアートが作れます。

≫ NFTアートにおすすめのアプリ一覧

NFTにおすすめのウォレットは?

MetaMask(メタマスク)は利用者も多く情報も探しやすいのでおすすめです。

まとめ:NFTをはじめよう!

NFT

スマホでも完結できるようにNFTを始めるステップを画面キャプチャで解説しました。

口座開設の審査スピードによりますが所要時間は2時間くらいです。

世界的に盛り上がっているNFTですが日本ではまだ一部の人しか参入していません。

はやく始めた人が先行者メリットを得られる可能性は高いです。ぜひ今日からNFT始めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次