NFTの転売方法・ガス代を画像で解説|OpenSea(オープンシー)編

OpenSeaでNFTを転売する方法

NFTの転売方法が知りたい

売るときにガス代かかる?

という疑問にお答えします。

NFTは転売時にも価格の一部がロイヤリティ(報酬)としてクリエイターに支払われます。
*ロイヤリティはクリエイターが出品時に設定

流通させることでクリエイターへの支援にもなるのはNFTの魅力の一つです。

この記事ではOpenSeaでNFTを転売する方法ガス代を画面キャプチャを使って解説します。

まず、NFTの転売には以下が必要です。

  • イーサリアム/ETHの入ったウォレット
  • OpenSeaのアカウント
  • 転売するNFT

クリエイターでなくてもETH作品を初めて販売/転売(list)するときにガス代が必要です。

余裕をもってウォレットに0.05くらいあるといいです。

現在のガス代はGas Calculatorの[Register Account]を参考に。

NFTを買うまでの手順はこちらを参考にしてください。

クリックできる目次

NFTの用語集

girl-gd1b12c8f0_1920

OpenSeaやNFT売買のときによく使われる用語と意味を最初に覚えておきましょう。

NFT/OpenSeaの用語集
・Mint(ミント):OpenSeaにアイテムをアップロードしてNFTを生成・作成すること
 →ブロックチェーン上に書き込まれた状態、売買はできない
・List(リスト):OpenSea上での出品・販売すること、取扱開始というニュアンスが近い
・Buy Now:表示価格(固定価価)で購入する取引
・Auction:基本的には期間内に最高価格を提示した人が購入できる取引
・Offer:期間内にきた価格提示からオーナーが売りたい人を選ぶ取引
・一次流通:List後に初めて成立した取引
・二次流通:一次流通のオーナーが再販/転売して成立した取引

NFTの特徴の一つは再販による二次流通以降でもクリエイターに取引額の一部が還元されること。
*ロイヤリティはクリエイターが出品時に設定

購入時よりも高く再販することでコレクションの価値は上がり、クリエイターの評価にもつながります。

NFTの取引はただの買い物ではなく、投資・支援の役割も果たせるのがNFTの醍醐味です。

OpenSeaでNFTを転売する方法

【OpenSea】転売

OpenSeaでNFTを転売する手順は以下。

OpenSeaでNFTを転売する手順
 ①ItemページでSellを選択
 ②販売方法と価格を設定
 ③MetaMaskで署名
 
 *ETH作品の初回List時のみガス代が発生
 ④出品完了
 ⑤購入されたら転売完了

2022年2月にCool Girls Collection by koniのETH作品を購入して転売/再販しました。

今回はこれを例として説明します。

画面キャプチャおよび掲載情報はすべて2022年2月時点の内容です

①ItemページでSellを選択

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

②-a 固定価格と詳細を設定

TypeでFixed Priceの設定内容はこちら。

販売はいつでも中止(Cancel listing)できますがガス代が必要です。

▼Price(価格)とDuration(販売期間)を設定

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

Duration(販売期間)はカレンダーで日付選択をすれば最長6ヶ月が設定可能

▼More optionsを設定 – Sell as a bundle

他のNFTアイテムをセットにして販売したい場合のみ設定。

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

▼More optionsを設定 – Reserve for specific buyer

特定の人(ウォレットアドレス)にだけ購入を許可する場合のみ設定。ONにしてListingすると、対象者にアイテムと設定価格がメールで届く。

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

②-b オークション形式と詳細を設定

Timed Auctionの設定内容はこちら。

オークションはいつでも中止(Cancel)できますがガス代が必要です。

Polygon作品はオークション販売ができません

▼Method(オークション形式)を選択

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

Sell to highest bidderは、期間内に最高価格をbitした人が購入。
Sell with declining priceは、徐々に価格を下げていき「この価格なら買います!」と最初にオファーした人が購入。

Sell with highest bidderの場合は、Starting price(オークション開始価格)・Duration(販売期間)・Include reserve price(最低落札価格)を選択

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

Include reserve price(最低落札価格)は非公開、設定するなら1ETH以上で。終了時に最低落札価格>最高入札価格であればオークションは無効になります。

オークションが始まるとInclude reserve priceを変更できないので注意しましょう。

Sell with declining priceの場合は、Starting price(オークション開始価格)・Duration(販売期間)・Ending price(最終価格)を設定

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

▼Feesを確認して「Complete listing」をクリック

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

OpenSeaへの販売手数料が2.5%、クリエイターへのロイヤリティ(転売/再販時に支払われる)が10%。ロイヤリティはコレクションごとにクリエイターが設定しています。

③MetaMaskで署名

クリエイターでなくてもETH作品を初めて出品/転売(list)するときにガス代が必要です。

ETH作品の出品経験があるか、Polygon作品の出品であればガス代不要。

現在のガス代はGas Calculatorの[Register Account]が参考になります。

▼ガス代を見て「確認」をクリック

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

ウォレットのETHが足りないと「資金が不十分です」とエラーが出て転売/販売ができません。

▼処理が開始

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

▼「署名」をクリック

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

④出品完了

▼「Your item is now listed for sale」で出品完了

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

▼販売中のItemページ

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

▼itemページ>Activityに出品(List)の履歴が残る

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

値下げしたい場合

▼Itemページで「Lower price」をクリック

OpenSea(オープンシー)で値下げの手順

▼値下げ後の価格を入力し「Set new price」をクリック

OpenSea(オープンシー)で値下げの手順

▼MetaMaskに署名

OpenSea(オープンシー)で値下げの手順

▼「Price successfully Lowered」で値下げが完了

OpenSea(オープンシー)で値下げの手順

▼値下げ後のItemページ

OpenSea(オープンシー)で値下げの手順

▼itemページ>Activityに値下げ(2回目のList)の履歴が残る

OpenSea(オープンシー)で値下げの手順

販売を停止したい場合

販売を停止(キャンセル)するにはガス代が必要なので、注意しましょう。

▼Itemページで「Cancel listing」をクリック

OpenSea(オープンシー)販売停止

▼「Cancel listings」をクリック

OpenSea(オープンシー)販売停止

▼ガス代を見て「確認」をクリック

OpenSea(オープンシー)販売停止

処理が終わったら販売が停止されます。

⑤購入されたら転売完了

▼購入されるとメールが届く

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

▼Itemページ > Activityで購入者へTransferされたことを確認

OpenSea(オープンシー)でNFTを転売する手順

ウォレットにOpenSeaの手数料とクリエイターへのロイヤリティが引かれた額のコインが増えていると思います。

これでNFTの転売は完了です。

新しくお気に入りのNFTを見つけましょう!

転売/販売価格の決め方

価格の決定権はオーナーにありますが、流動性や相場を把握して価格を決めるのは他の転売と同じです。

かんたんに決めるなら①と②を参考に、より高く売りたいなら③まで行うといいと思います。
*もちろん相場に関係なく好きに価格を設定するのもOKです

①Floor price

【OpenSea】転売

コレクションのFloor priceは「販売中の最低価格」を指します。

「Buy Now」で絞り込み「Price:Low to High」で並び替えて、価格の安い順に出品中(listing)のアイテムを見てみましょう。

【OpenSea】転売

Floor priceよりも低く(最安値で)出品すれば、多くの人に見られるので購入の可能性が上がります。

Floor priceはコレクションの人気指標でもあるので、Floor Priceの引き上げに貢献したければちょっと高めに設定しましょう。

②Activity > Sales

コレクションのActivityページを「Sales」で絞り込むと最新の取引履歴が表示されます。

価格帯がどの程度か、取引頻度(流動性)が高いか、をざっと確認するといいかと思います。

以下は考え方の一例です。

・販売中のアイテムはあるのに取引履歴が少ない
 →Floor priceよりも低くする方が売れやすい?

・販売中のアイテムがあって取引履歴が多い
 →流動性が高いので、Flooor price同等かそれ以上でも売れそう!

・販売中のアイテムが少なく取引履歴少ない
 →オーナーはガチホ?、販売中の価格が高すぎる可能性も。Floor priceより少し低めで販売すると反応あり?

・販売中のアイテムがほぼなく、取引履歴が多い
 →出したらすぐ売れる可能性大!強気の価格でもいいかも

③コレクション内でのレア度

【OpenSea】転売

一部のコレクションにはPropetyが設定されていてアイテムごとのレア度が異なります。

ここでは日本の代表的なジェネラティブNFTであるPixel Heroes Xを参考にします。

レア度と価格は連動することが多く、熱心なコレクターはレア度の高いアイテムを調べてから買います。

保有しているアイテムのPropetiesを見て、%が一番低い(レアな)項目をクリックしてみてください。

【OpenSea】転売
Properties>PETSをレア度が高い「Bat」で絞り込んだ結果

該当項目の中で同じ設定のアイテムを見ることができます。

このレア設定だと最低価格0.25ETHで販売中、他に5ETHと高額な出品が2点、その他は価格がついておらずオーナが現時点では手放す気がないようです。

Bat設定のアイテムが、0.25ETHより低く品されれば即売れる可能性はあります。

もしくは5ETHまででなくても強気の価格で短期出品して、いいねなどの反応をみても良さそうです。

【OpenSea】転売
Properties > PETSを最も設定が多い「None」で絞り込んだ結果

PETSのレア度が低い「None」だと最低価格が0.019ETHとレア度が高いBatの1/10以下です。

どれだけBat設定が高価か分かります。

販売中の価格だけでなく、ItemページのActivityから取引履歴もみれるのでヒントにしてください。

まとめ

【OpenSea】転売

この記事ではOpenSeaでNFTを転売する方法ガス代を解説しました。

OpenSeaでNFTを転売する手順
 ①ItemページでSellを選択
 ②販売方法と価格を設定
 ③MetaMaskで署名
 
 *ETH作品の初回List時のみガス代が発生
 ④出品完了
 ⑤購入されたら転売完了

お気に入りのNFTを手放すのは寂しいですが、クリエイターの支援にもなるならにオーナー冥利につきます

すこしでも高い価格で販売してクリエイターやコレクションの評価につなげましょう。

またETH作品を初めて出品(転売含む)するときにガス代が必要なので、ある程度のETHをウォレットに。

NFTの売買が増えるなら手数料対策も抜かりなく行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
クリックできる目次
閉じる