BTC・現金がもらえるキャンーンはコチラ

OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法とガス代

OpenSea(オープンシー)の使い方/NFTアート購入編

OpenSeaの使い方がわからない

購入方法をわかりやすく説明してほしい

という疑問にお答えします。

この記事では、NFTの用語説明3つの購入方法について画像付きで解説します。

OpenSeaアプリは閲覧のみで販売・購入ができないのでブラウザを使います。

以下が準備できていれば先に進みましょう。

  • イーサリアム/ETHの入ったウォレット
  • OpenSeaのアカウント

購入にはガス代がかかるのでETHはアイテム価格+0.02ETHくらい、Polygonはアイテム価格+0.1MATICくらいを準備するのがいいと思います。

まだ準備できてない!という方は「NFT始め方」を参考に完了してください。

この記事を書いた人
saboプロフィール画像
sabo
  • ブロガー 兼 NFTコレクター
  • 仮想通貨歴2年 / NFT歴1年
  • 保有NFT200点以上
  • NFT / M2E について実体験をもとに記事執筆

  Twitter  Contact

クリックできる目次

NFTの用語集

girl-gd1b12c8f0_1920

OpenSeaやNFT売買のときによく使われる用語と意味を最初に覚えておきましょう。

NFT/OpenSeaの用語集
・Mint(ミント):OpenSeaにアイテムをアップロードしてNFTを生成・作成すること
 →ブロックチェーン上に書き込まれた状態、売買はできない
・List(リスト):OpenSea上での出品・販売すること、取扱開始というニュアンスが近い
・Buy Now:表示価格(固定価価)で購入する取引
・Auction:基本的には期間内に最高価格を提示した人が購入できる取引
・Offer:期間内にきた価格提示からオーナーが売りたい人を選ぶ取引
・一次流通:List後に初めて成立した取引
・二次流通:一次流通のオーナーが再販/転売して成立した取引

・ガス代:NFTの購入や送付にかかるネットワーク利用料

NFTの特徴の一つは再販による二次流通以降でもクリエイターに取引額の一部が還元されること。
*ロイヤリティはクリエイターが出品時に設定

購入時よりも高く再販することでコレクションの価値は上がり、クリエイターの評価にもつながります。

NFTの取引はただの買い物ではなく、投資・支援の役割も果たせるのがNFTの醍醐味です。

OpenSeaでNFTを購入する3つの方法

opensea

OpenSeaではアイテムによって購入方法が3つに分かれます。

OpenSea3つの購入方法
  • Buy Now(固定価格)
    表示価格で購入
  • Auction(オークション)
    基本的には期間内に最高価格を提示した人が購入できる
  • Offer(オファー)
    期間内にきた価格提示からオーナーが売りたい人を選ぶ

ここから、それぞれの特徴について説明します。

①Buy Now(固定価格)

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

現オーナーが提示している価格(固定価格)で購入する方法です。

購入可能なアイテムには「Buy Now」のボタンが表示されます。

購入者は価格交渉(offer)を出すことも可能、オーナーはオファーを承認するか選択できます。

価格に納得ができれば、確実かつすぐに入手できるので一番わかりやすい取引形態です。

手順はかんたん、1分で購入できます。

OpenSeaでNFTを購入する手順

  1. OpenSeaのItemページでBuy Nowを選択
  2. アイテムの詳細を確認
  3. ガス代込みの価格を確認/支払い

買いたいアイテムがPolygon(紫のコイン)だと手順がすこし違います。

Polygonアイテムを購入する手順とガス代」をご覧ください。

▼Itemページで「Buy Now」をタップ

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

▼詳細を確認してチェックを入れる

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

意味は「Openseaが保護していないコレクションの場合は、 詳細を確認して正しいコレクションであることを確認する」

▼価格を確認して「Confirm checkout」をタップ

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

▼MetaMaskが起動するのでガス代をみて「確認」をクリック

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

2022年2月12日のガス代は0.0143ETH / $42.02 / 約4,900円でした。MetaMask画面のgas feeはあくまで目安です。現在のガス代はGas Calculatorの[Buy NFT]が参考になります。

▼購入処理で「Your purchase is processing!」が表示

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

▼「Your purchase has processed!」の表示で購入完了

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

▼購入するとOpenSeaからメールが届く

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

【team@opensea.io】からメールがきます。

▼Itemページの「Item Activity」で、あなたへSaleされたことを確認

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

▼Profile→Collectedに購入したアイテムが表示

OpenSeaでの購入方法-BuyNow

これでお気に入りのNFTがあなたのコレクションになりました。

おめでとうございます!

OpenSeaの一部アイテムはETH on Polygon(価格横のコインが紫のもの)で購入します。

ETHより一手間かかるので「Polygonアイテムの購入手順」をご覧ください。

②Auction(オークション)

【OpenSea】使い方

オークション中のアイテムには「Price bid」のボタンと、オークション終了までの残り時間が表示されます。

オークションには以下の2種類があり、オーナーが方式と期間を指定しています。

OpenSeaのオークション方式
  • Sell to highest bidder
    →期間内に最高価格を提示した人が購入できる
  • Sell with declining price
    →オーナーが徐々に価格を下げて「この価格なら買います!」と最初にオファーを出した人が購入できる

③Offer(オファー)

OpenSeaでの購入方法-オファー

オファーは購入者から現オーナーへ購入したい価格を提示をする形式です。

Buy Now(固定価格)のアイテムにもオファーすることができます。

オーナーが必ずオファーを承認(accept)するとは限りません

該当するアイテムには「Make Offer」のボタンが表示されます。

手順については「ETH作品にオファーする手順」をご覧ください。

Polygon作品にオファーする手順」はこちらが参考になります。

よくある質問

OpenSeaの購入についてよくある質問をまとめます。

購入時のガス代は?

ETHアイテムは購入の度にガス代がかかりますが、Polygonアイテムはガス代不要です。その他OpenSea全般のガス代については以下で解説しています。
>> OpenSeaのガス代とタイミング

Polygonアイテムの購入方法は?

ETHをPolygonチェーンにブリッジしてから購入します。
>> Polygonアイテムの購入手順

Solana版OpenSeaの使い方は?

MetaMaskがSolanaチェーンに非対応なのでPhantom Walletなど専用ウォレットを作成してOpenSeaと接続します。
>> Solana版OpenSeaの始め方

お気に入りのNFTをコレクションしよう!

edi-libedinsky-1bhp9zBPHVE-unsplash

NFTには専門用語も多くかつOpenSeaは海外のプラットフォームなので英語表記です。

意味や操作に戸惑ったら、この記事で用語と意味の理解購入手順をおさらいしましょう。

使い方がわかればあとはお気に入りのNFTを購入するのみです。

おすすめのNFTアート作品とプロジェクト」も合わせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次