【販売所と取引所の違いは?】イーサリアム/ETHの購入・送金におすすめの取引所を比較

【手数料で比較】イーサリアム/ETHの購入・送金におすすめの取引所

販売所と取引所の違いが知りたい

ETHを買うのはどの取引所がいい?

という疑問にお答えします。

日本の仮想通貨取引所には、1つの取引所内にも販売所と取引所(板取引)が存在します。

おすすめは手数料が安い「取引所(板取引)」ですが、ETHを板取引できる取引所は多くありません。

また手数料や送金・出金のルールは取引所ごとに違うので複雑です。

この記事では販売所と取引所の違いと、ETH売買にかかる入金・取引・送金・出金を比較します。

掲載情報・キャプチャともに2022年2月時点のものです。

クリックできる目次

販売所と取引所の違い

【仮想通貨取引所】販売所と取引所の違い(ETH)

日本円でイーサリアム/ETHを買う場所は仮想通貨取引所です。

1つの仮想通貨取引所内にも「販売所」と「取引所」があって取扱通貨・買い方が異なります。

違いを表にまとめました。

スクロールできます
販売所取引所(板取引)
誰から買うか
/誰に売るか
仮想通貨取引所取引所のユーザー
手数料の呼び方スプレッド取引手数料
購入方法仮想通貨取引所の提示価格
に対して数量のみ指定
成行:数量のみ指定
指値:価格と数量を指定
メリットすぐに買える/売れる
購入/売却がわかりやすい
販売所より少ない手数料で買える/売れる
指値なら価格を指定できる
デメリットスプレッドが広い(割高)
価格が指定できない
指定価格で取引が成立しないことも
ETHを取扱う
取引所の例

要約すると以下。販売所はコンビニ、取引所はフリマのようなイメージです。

  • 販売所
    価格は仮想通貨取引所が決めるので指定できないがすぐ買える、数量は指定できる
  • 取引所(板取引)
    価格も数量も指定できる、価格が安すぎたり数量が多すぎるなど売り注文とマッチしないと取引が成立しないことも

概要がわかると「スプレッドって何?取引手数料と比べてそんなに高いの?」が気になります。

スプレッドとは?取引手数料との違い

スプレッドは仮想通貨を販売所で売買するときに発生する買値と売値の「価格差」です。

販売所から仮想通貨を買う(売る)ので売買価格には販売所の仲介料のようなものが含まれます。これをスプレッドだと考えてください。

bitFlyer販売所のスプレッド調査

2022/3/20 15:00にETHの売値/買値を比較

→買値-売値=差額24,428円がスプレッド
*スプレッド幅は仮想通貨取引所によって異なる

ビットフライヤー販売所-イーサリアム/ETHの売値
販売所でのETH売値
ビットフライヤー販売所-イーサリアム/ETHの買値
販売所でのETH買値

一方で取引所(板取引)はユーザー同士で価格・数量を提示しあいマッチングすれば取引が成立する「直接売買」です。

販売所の仲介料(スプレッド)がない代わりに取引所では取引額×0.01%〜0.15%くらいの取引手数料がかかります。 *%は仮想通貨取引所によって異なる

bitFlyer取引所(板取引)の価格調査

2022/3/20 15:00にETHのPLT(直近取引価格)を調査

→赤枠のPLT(直近取引価格)は348,996円、別途0.01%〜0.15%の取引手数料
 
*取引手数料は仮想通貨取引所により異なる

ビットフライヤー取引所-イーサリアム/ETHの直近取引価格
ETHの直近取引価格

2022/3/20 15:00に1ETHを取引したと仮定するとそれぞれの価格は以下です。

購入は取引所の方がより安く、売却は取引所の方がより高く取引できた可能性が高いです。

スクロールできます
クイック販売所取引所/板取引考察
日本円で
1ETHを購入
361,171円349,519円
(=348,996円+523円*)
取引所の方が11,652円安く購入できた
1ETHを売却して
日本円に
336,743円349,519円
(=348,996円+523円*)
取引所の方が12,776円高く売却できた
*ETHの取引手数料を0.15%として算出

取引所は注文のマッチング次第なので必ず取引が成立するとは限りません。LTPで取引が成立した’可能性がある’という点はご理解ください。

販売所にかかるスプレッド取引所にかかる取引手数料を比較すると、取引所がとても魅力的に感じます。

ただ取引所はETHの売り注文がないと買えないし、買い注文がないと売れません。

すぐにETHを取引したいのにマッチングしそうな注文が少ない場合は販売所での売買が確実です。

販売所と取引所の違いがわかったところで、取引所ごとの条件比較に進みましょう。

ETHの売買におすすめの取引所

marga-santoso-OmPqCwX422Y-unsplash

イーサリアム/ETHの購入目的は長期保有ウォレットへの送金NFTの購入と人によってバラバラです。

それぞれのスタイルにあった取引所を選べるように、手数料や最低単位を入金・取引・送金・出金のポイントで比較しました。

スクロールできます
取引所ビットフライヤーDMM Bitcoinコインチェック-ロゴGMOコイン-ロゴ
日本円の
入金手数料
0〜330円無料0〜1,018円無料
取引所での
ETH取扱
ありなしなしあり
最低取引単位販売所:0.00000001ETH
取引所:0.01ETH
販売所:0.001ETH
取引所:ー
販売所:500円相当額
取引所:ー
販売所:0.0001ETH
取引所:0.01ETH
取引手数料販売所:スプレッド
取引所:0.01〜0.15%
販売所:スプレッド
取引所:ー
販売所:スプレッド
取引所:ー
販売所:スプレッド
取引所:Maker -0.01%
   Taker 0.05%
最低送金単位0.001ETH0.1ETH0.00000001ETH0.1ETH
送金手数料0.005ETH無料0.005ETH無料
日本円の
出金手数料
220円〜770円
(銀行・出金額により異なる)
無料407円無料
日本円の
最低出金額
1円1円2,000円1万円
送金先制限なし一部制限あり
(海外取引所などの無登業者)
制限なし制限なし
引用:bitFlyerDMM BitcoinCoincheckGMOコイン(2022年3月時点)

手数料無料*のDMM Bitconが魅力的ですが、最低送金単位が0.1ETHと大きい点に注意しましょう。
*BitMatch取引手数料は別途発生します

がおすすめです。

取引所でETHが買える「bitFlyer」

bitFlyerTOPページ
出典:bitFlyer

は販売所だけでなく、取引所でイーサリアム/ETHが購入できるのが特徴です。

1円または0.00000001ETHからイーサリアム/ETHが購入できるのは良い点です。

販売所はビットフライヤーの提示価格で購入するのでスプレッドが含まれています。

対して取引所(bitFlyer Lightning)は板と呼ばれる画面でユーザー同士が直接取引します。

取引所では直近30日の取引量に応じて手数料が決まるので、取引が多いほど手数料が圧縮できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所の取引手数料
引用:bitFlyer

私はNFTをはじめてからイーサリアム/ETHの購入・送金が増えたのでbitFlyer lightningをよく使っています。

これから取引が増えるのでbitFlyerがメイン取引所になる予定です。

bitFlyer のメリット

・取引所でETHが購入できる(スマホ対応
・直近30日間の取引量によって手数料が決まる
→板取引したい場合、取引量が多い場合におすすめ

bitFlyerを使うときに気になるのは、送金手数料・出金手数料です。

長期保有が目的で送金・出金の頻度が少ない方は気にしなくて大丈夫

2022年2月時点で送金にかかる0.005ETH=約1,750円、高頻度だと大きな額です。

利益確定と日本円での出金をこまめにしたい場合も出金手数料がじわじわ痛手になりそうです。

bitFlyer のデメリット

・送金手数料が0.005ETH
・出金手数料が220円〜770円
→送金や出金を頻繁にしたい場合には不向き

国内の暗号資産取引所でイーサリアム/ETHが板取引できるところは少ないです。

まとまった額の取引・送金をするならbitFlyerの取引所(Lightning)をおすすめします。

>> bitFlyer(ビットフライヤー)の始め方|口座開設

ビットフライヤーの口座開設手順
 ①にメールを登録
 ②パスワードを設定し、各規約へ同意
 ③2段階認証の設定
 ④個人情報と取引目的の入力
 ⑤本人確認書類の提出
 ⑥審査後に口座開設完了
 *銀行口座の登録

取引所での板取引はプロ仕様で難しくみえがちです。

販売所も取引所も画面キャプチャ付きで手順を説明していますので、安心して取引してください。

資金の移動が多いなら「DMM Bitcoin」

DMMビットコインTOPページ
出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはさまざまな手数料が無料*なのが特徴です。
*BitMatch取引手数料は別途発生します

取引手数料を気にすることは多いですが入金・送金・出金にも手数料がかかります。

こまめに資金移動をする予定があるなら、入金・送金・出金の手数料が無料がおすすめです。

他の取引所だと銀行によっては入金・出金に手数料が数百円かかります。

また送金にも0.005ETHが発生するので頻度がふえると痛い出費です。

DMM Bitcoin のメリット

・入金、出金、送金手数料が無料
→こまめに資金を移動する場合におすすめ

ただし!
イーサリアム/ETH取引にDMM Bitcoinを使うときのデメリットもあるので、ご注意ください。

DMM Bitcoinはイーサリアム/ETHの最低送金単位が0.1ETHと高めです。

2022年2月6日時点では0.1ETH=約3.5万円、少額の取引・送金には不向きなので覚えておきましょう。

またBinanceやBybitなど日本国内で暗号資産交換業者として無登録の取引所へは送金を制限している点も注意しましょう。
*参考:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin のデメリット

・最低送金単位が0.1ETH
・イーサリアム/ETH取引は販売所のみ

・無登録の取引所(主に海外)へは送金制限
→少額・海外取引所へ送金したい場合には不向き

入金・出金を繰り返す場合や0.1ETH以上の送金を頻繁にする場合、手数料の削減にぴったりの取引所です。

>> DMM Bitcoinの始め方|口座開設

DMM Bitcoinの口座開設手順
 ①にメールを登録
 ②各重要事項へ同意
 ③本人情報の入力
 ④本人確認書類の提出
 ⑤SMS認証
 ⑥審査後に口座開設完了

使いやすい&NFTも買える「Coincheck」

コインチェックtopページ
出典:Coincheck

は初心者にもわかりやすい設計が特徴です。

国内と海外で約10社の取引所を見ていますがコインチェックの使いやすさは圧倒的

イーサリアム/ETHの取り扱いは販売所のみですがアプリなら3タップで購入できるほど簡単です。

仮想通貨がはじめての方でも、入金・取引・出金などの操作に迷いません

FAQやサポート体制が充実しているので不明点をすぐ解決できるのも心強いです。

取引所ではめずらしくCoincheck NFTというNFTマーケットも展開しています。

NFTをはじめたいけど複雑なのは苦手」という方はコインチェックからNFTデビューするのもいいでしょう。

Coincheck のメリット

・3タップで購入できる使いやすさ
・FAQやサポートが充実
・NFTが売買できる
→仮想通貨がはじめての場合、気軽にNFTを買ってみたい場合におすすめ

を使っていて不便を感じたことはないです。

あえてデメリットをあげるなら、上級者がイーサリアム/ETHを取引するには物足りないかも?という程度。

Coincheck のデメリット

・イーサリアム/ETH取引は販売所のみ(スプレッドが広め)
・レバレッジ取引ができない
→板取引・レバレッジなどの取引をしたい場合には不向き

仮想通貨をはじめると専門用語がたくさんあって戸惑うと思います。

まずは慣れることが大事なので、わかりやすく迷いが少ないコインチェックは初心者でも安心して使えるサービスです。

>> Coincheck(コインチェック)の始め方|口座開設

コインチェックの口座開設手順
 ①にメールとパスワードを登録
 ②アプリのダウンロードとログイン
 ③各種重要事項の確認
 ④本人確認
 ⑤審査後に口座開設完了
 *2段階認証を設定

取引にも出金にも万能な「GMOコイン」

はETHが板取引できる数少ない取引所です。

またDMM Bitcoinと並ぶくらい、各種手数料が無料なのが魅力。

GMOコイン のメリット

・イーサリアム/ETHが板取引できる
・各種手数料が無料
→取引だけでなく利益確定(日本円への換金/出金)にも
おすすめ

手数料無料が目立つGMOコインですが、送金や出金の最低額が少し高めなので注意しましょう。

GMOコイン のデメリット

・イーサリアム/ETHの最低総金額が0.1ETH
・日本円の最低出金額が1万円
→少額の送金/出金をしたい場合には不向き

口座にある全額を送金/出金する場合は手数料無料です。

数万円単位の送金/出金したり、毎回全額を送金/出金する場合はGMOコインは使い勝手のいい取引所です。

>> GMOコインの始め方|口座開設

GMOコインの口座開設手順
 ①にメール・パスワードを登録
 ②SMS認証
 ③本人情報の入力と各重要事項への同意
 ④本人確認書類の提出
 ⑤審査後の2段階認証で口座開設完了
 *2段階認証をGoogle認証に変更

まとめ

この記事ではイーサリアム/ETHにおすすめの取引所を、入金取引送金出金のポイントで比較しました。

簡単にまとめると

がおすすめです。

取引目的やスタイルにあった取引所を選んで、賢く手数料を削減しましょう。

NFTの始め方(出品/購入/転売)」の記事から来た方は、口座開設の申請をしたらStep2へ進んでください。

NFTのはじめ方
> Step1:仮想通貨取引所でETHを購入
> Step2:MetaMaskでウォレットを作成
> Step3:OpenSeaとMetaMaskを連携
> Step4:MetaMaskにETHを送金
> Step5:NFTを出品 / 購入 / 転売

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
クリックできる目次
閉じる