現金・暗号資産がもらえるキャンペーン >>

【簡単】MetaMaskのアドレスをSafepal Walletにインポートする方法

本サイトにはプロモーションが含まれます
MetaMaskのアドレスをSafepalへインポートする方法

MetaMaskのアドレスをSafePalで使いたい

インポートの方法は?

という疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • MetaMaskアドレスをSafePalにインポートする方法
  • SafePal Walletのトークン表示方法
  • SafePal Walletのブラウザ使用方法

※全手順の画面キャプチャあり

関連記事:Safepal Walletの作り方・使い方

MetaMask(メタマスク)ではときどきエラーやバグが起きます。

SafePal Walletへインポートすれば問題なく使えるので、回避策として有効です。

この記事を読めば、初心者でもミスなくMetaMaskのウォレットアドレスをSafePalにインポートできます。

掲載情報は2024年6月時点のものです

この記事を書いた人
saboプロフィール画像
sabo

NFTアートとゲームを楽しむブロガー
暗号資産歴 3年 / NFT歴 2年
保有NFT 400点以上コレクションはこちら
実体験をもとに記事を執筆中

  Twitter   Contact

Twitter   Contact

クリックできる目次

SafeaPalへインポート後も引き継がれる項目

インポート後も引き継がれ、SafePal内に表示される項目はこちら。

公式発表ではなく実操作で確認したものです。

ネットワーク
トークンと残高◯ *一部のトークンは手動追加
トランザクション
(入金・送金の履歴)
トランザクション
スワップ履歴
NFT表示

非表示のトークンも、手動で追加すれば残高はちゃんと表示されます。

MetaMaskのウォレットアドレスをSafePalにインポートする方法

Trust Wallet

MetaMask(メタマスク)のウォレットアドレスをSafePal Walletで使う方法はこちら。

Step1:MetaMaskのリカバリーフレーズを確認

リカバリーフレーズはPCとの同期ウォレットをインポート/復元するのに必要なものです。

秘密鍵ではネットワーク/通貨ごとにインポートが必要なのでリカバリーフレーズが簡単

MetaMask右下の「設定 > セキュリティとプライバシー」から「秘密のリカバリーフレーズを表示」

MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認
MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認
MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認

▼「開始」をタップして2つの質問に答える

MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認
MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認

▼正解して表示されるページにパスワードを入力し「次へ」、長押ししてSRPを表示

MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認
MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認

▼表示されたリカバリーフレーズ(12個の英単語)をメモして「完了」

MetaMask(メタマスク)でリカバリーフレーズを確認

リカバリーフレーズを誰かに知られると不正アクセスの可能性が高まります。自分の資産を失いかねないため、無くしたり知られないように保管してください。

Step2:Safepal Walletへインポート

Safepal Walletアプリをダウンロードしましょう。

検索せず、公式サイト [https://www.safepal.com/download] またはアプリストアから探してください。

SafePal Wallet

SafePal Wallet

SAFEPAL LTD.無料posted withアプリーチ

▼同意にチェックを入れて「開始する」、セキュリティパスワード(数字)を2回入力して設定

MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法
MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法
MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法

▼パスワード設定が完了したら「SafePalの旅を始めましょう」をタップ

MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法
MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法

▼「ソフトウェアウォレット」から「ニーモニックフレーズからインポートする」を選択

MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法
MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法
MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法

秘密鍵ではネットワーク/通貨ごとにインポートが必要なのでリカバリーフレーズが簡単

▼メタマスクのシークレットリカバリーフレーズ(12個の英単語)を入力、ウォレット名を設定して「輸入」

MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法
MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法

英単語の間にはスペースを入れてください

▼この画面でインポート完了

MetaMaskアドレスをSafepalにインポートする方法

残高は標準で表示される通貨のみの合計です

Step3:ウォレットアドレスを確認

インポートしたウォレットアドレスが、MetaMaskと同じか確認します。

Safepalでウォレットアドレスを確認
Safepalでウォレットアドレスを確認

Step4:トークンを表示

SafePalには主要通貨しか表示されないので、よく使うトークンは手動追加しましょう。

▼ウォレット下部「コイン管理」をタップ

Safepalにトークンを追加
Safepalにトークンを追加

▼トークン名orコントラクトアドレスを入力、[ + ]を押して追加

Safepalにトークンを追加
Safepalにトークンを追加
Safepalにトークンを追加

▼トークンが表示され、残高が増えば完了

Safepalにトークンを追加

人気のトークンは以下を参考にしてください。

トークンネットワークコントラクトアドレス
USDTEthereum0xdac17f958d2ee523a2206206994597c13d831ec7
BNB(BEP20)0x55d398326f99059ff775485246999027b3197955
Polygon0xc2132d05d31c914a87c6611c10748aeb04b58e8f
GXEBNB(BEP20)0x510975edA48A97E0cA228dD04d1217292487bea6
Ethereum0x510975eda48a97e0ca228dd04d1217292487bea6
PGTBNB(BEP20)0x2D230f311F1f663EB5d0aafD58800CF6f2097c85
UXEBNB(BEP20)0x94EF1c2d0F7Dc899978944F2898d78a255AFad3E
XETAXANA Chain0xb58a9d5920af6ac1a9522b0b10f55df16686d1b6
Avalanche0x31c994AC062C1970C086260Bc61babB708643fAc
ARSWAstar0xDe2578Edec4669BA7F41c5d5D2386300bcEA4678
FITFISTEP0xb58a9d5920af6ac1a9522b0b10f55df16686d1b6
Avalanche0x714f020c54cc9d104b6f4f6998c63ce2a31d1888
KCALSTEP0x68b2DFC494362AAE300F2C401019205d8960226b
PRIMALSTEP0x0bbe45a033Aab7A90006C05aa648efD3d2993F9E
BNB(BEP20)0xcb5327ed4649548e0d73e70b633cdfd99af6da87

他トークンのコントラクトアドレスはCoinMarketCapで検索

これでMetaMaskのアドレスをSafePalにインポートできました!

*ブラウザ使用(Webサイトにアクセス)

SafePal Walketではメタマスク同様にブラウザ機能があります。

▼Dapps内の検索窓にURLを入力

Safepal Walletでブラウザを使用
Safepal Walletでブラウザを使用

▼内容を見て「確認する」でWebサイトにアクセス

Safepal Walletでブラウザを使用
Safepal Walletでブラウザを使用

ウォレット接続の際はメタマスクを選択すればOK

【必須】ハッキング対策

digital wallet

仮想通貨やNFTにハッキング対策は絶対です。

  • シードフレーズやパスワードを口外しない
  • 不用意にリンクを踏まない
  • URL確認を徹底してからウォレット接続

など目に見えるものは対策しやすいので徹底しましょう。

怖いのは目に見えない通信から個人情報・パスワードを読み取るハッキング

特に注意したいのは外出先やホテル・カフェなどの公共Wi-Fi

誰でも接続できるためハッカーがあなたのネット接続の様子を盗み見してる可能性もあります。

なので、VPNを使って情報暗号化して仮想通貨や個人情報が盗まれない対策は必須です。

おすすめのVPNサービスは「NordVPNの始め方・使い方」で解説してます。

よくある質問

MetaMaskアドレスのSafePalインポートについて、よくある質問をまとめます。

メタマスクのリカバリーフレーズを忘れた場合は?

インターネットに接続できれば、アプリでもPCでも確認可能です。

≫ リカバリーフレーズの確認方法

インポート後にトークンが消えた(表示されない)

インポートするとネットワーク・トークンの表示設定は引き継がれません、改めて追加すればトークンと残高が表示されます。

≫ SafePalにトークンを表示

MetaMaskとSafePalの残高が合わない

SafePal Walletには主要なトークンしか表示されません。MetaMaskで表示していたトークンをSafePalでも追加すれば残高が表示されます。

≫ SafePalにトークンを表示

【総額11,000円】口座開設キャンペーンまとめ

各取引所のキャンペーンはこちら。

条件達成で確実にもらえるものだけで総額1万円近い金額が展開されています。

スクロールできます
特典条件
BITPOINT(ビットポイント)①1,500円分
(日本円 or 暗号資産)
②最大1,500円分のBTC
①専用URLから口座開設
②口座開設+1回以上の取引
*併用OK
専用URL
コインチェック-ロゴ①1,500円分のBTC専用URLから口座開設専用URL
ビットフライヤー-ロゴ1,500円分のBTC専用URLから口座開設専用URL
DMM Bitcoin-ロゴ1,000円口座開設専用URL
ビットバンク ロゴ1,000円口座開設+1万円以上入金専用URL
BitTrade(ビットトレード)ロゴ①1,000円分のBTC
②1,000円分のBTC
①専用URLから口座開設
②販売所で5万円以上の取引
*併用OK
専用URL
OKCoin Japan1,000円分のBTC口座開設+3万円以上入金専用URL
合計11,000円相当  
2024年5月時点
  • 取り扱い通貨数(新規上場数)
  • トラベルルール
  • 購入と換金(日本円出金)で有利な取引所は別

などの理由から、取引所はいくつか持っておきましょう。

また暗号資産取引所のほかにも現金がもらえるサービスは多くあります。

新規登録キャンペーンまとめ」を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次