BTC・現金がもらえるキャンペーンはコチラ

【STEPNと併用推奨】Phantom Walletへのインポート方法・トレードの手順

【STEPNのトレード回避ルート】Phantom Walletの使い方・トレードの手順

STEPNの混雑でトレードができない…

メンテンス中でもトレードする方法は?

という疑問にお答えします。

STEPNユーザーは通貨の交換をするのにSTEPNウォレット内でトレードするのが一般的です。

ただネットワークの混雑やSTEPNのメンテナンスでトレードが使えないことも。

通貨の価格が急騰・急落しているなど「いますぐトレードしたい!」場合に備えてSTEPN以外でトレードできる方法を確保しておくことが重要です。

この記事ではSTEPNウォレット内のトレードではなく、STEPNウォレットをPhantom Walletにインポートしてトレードする手順を画像付きで解説します。

掲載情報は2022年6月時点のものです

この記事を書いた人
saboプロフィール画像
sabo
  • NFTとBCGを楽しむブロガー
  • 仮想通貨歴 2年 / NFT歴 1年
  • 保有NFT300点以上
  • 実体験をもとに記事を執筆

  Twitter  Contact

クリックできる目次

Phantom Walletとは

phantom-wallet-logo

Phantom Wallet(ファントムウォレット)はSolanaネットワークに対応した仮想通貨ウォレットです。

有名なウォレットにMetaMaskがありますが、Solanaネットワークは非対応なので専用ウォレットを作成します。

Solanaネットワークに対応した仮想通貨ウォレットはいくつかありますが、Phantom Walletが使いやすくて情報が多いのでおすすめです。

Solanaネットワーク対応のウォレット
  • Phantom Wallet
  • Sollet
  • Sollet Extension
  • Solflare
  • Math Walle

Phantom WalletはPCでもスマホでも使えますが、今回はスマホ(iPhone)での画面キャプチャで手順を解説します。

Phantom Walletを使う場面

money-exchange

STEPNウォレットでトレードできていればPhantom Walletを使う必要はありません。

以下の場面ではSTEP内のトレードが機能しないので、Phantom Walletを使うのがおすすめです。

  1. STEPNのメンテナンス
  2. STEPN内のトレードエラー

STEPNのメンテナンス中

STEPNは現在でもβ版で追加機能をリリースするためにメンテナンスは頻繁です。

2時間程度のものから、予定が伸びて5時間くらいのメンテナンスが行われたこともあります。

メンテナンス中はSTEPNウォレットでのトレードは使えません。

その間に通貨の高騰・急落が起きると損失が出る可能性もあります。

Phantom Walletを活用することで、STEPNのメンテナンス中でも通貨のトレードができる状況を作っておきましょう。

STEPN内のトレードエラー

STEPNのサーバー負荷が高いときなどはSTEPN内でのトレードが失敗することがあります。

感覚値では5回に1回くらいはトレードエラーになる印象です。

ユーザーにはトレードエラーの理由がわからず、解決もできないので、STEPNウォレット以外のルートでトレードできる準備をする必要があります。

STEPNウォレットをPhantom Walletにインポートする手順

nicholas-santoianni-bgFB2WJSvLA-unsplash

具体的にSTEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順を解説していきます。

ここからインポートの手順を画面キャプチャ付きで解説します。

①シードフレーズを確認

STEPNウォレット作成時にシードフレーズ(12個の英単語)をメモした人は「②Phantom Walletをダウンロード」へジャンプしてください。

シードフレーズがわからない場合は以下の手順で確認をしましょう。

▼STEPNアプリを開き、右上の通貨マークから鍵マークをタップして設定画面へ

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

▼「Backup」をタップして6桁のパスコードを入力

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

▼「VIEW SEED PHRASE」をタップして、「PRESS AND HOLD TO REVEAL」を長押しするとシードフレーズが表示されるので紙などに書き留める

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

次にPhantom Walletをインストールしてシードフレーズを入力します。

②Phantom Walletをダウンロード

シードフレーズが手元に準備できたら、Phantom Walletのアプリをダウンロードします。

▼Google Play / AppStoreから「Phantom wallet」を検索してダウンロード

Phantom - Solana Wallet

Phantom – Solana Wallet

Phantom Technologies Incorporated無料posted withアプリーチ

▼「すでにウォレットを持っています」をタップして「次へ」

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

③STEPN Walletをインポート

▼STEPN Walletのシードフレーズ(12個の英単語)を入力して「シークレットリカバリーフレーズのインポート」をタップして「選択したアカウントをインポートをタップ

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

英単語の間にはスペースを入れてください。

▼この画面でPhantom Walletの作成と、STEPN Walletのインポートが完了

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

▼Phantom Walletに表示された通貨の金額と、STEPN Walletの金額が一致しているかを確認

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

STEPNのSpendingにある通貨はPhantom Walletに反映されません。トレードするにはSpending→Walletへの移動をしましょう。

Phantom Walletでのトレード手順

tezos-Lh3HAnw8RtU-unsplash

Phantom WalletでGSTやGMTをトレードする手順を解説します。

いくつかあるSolanaチェーン上のDEX(分散型取引所)の中でも、流動性が高いOrcaがおすすめです。

▼Phantom Wallet右下のブラウザマークから [ https://www.orca.so/ ]と入力してOrcaへアクセス

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

▼「Connect wallet」をタップして「Phantom」を選択

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

▼「接続」をタップするとSTEPN Wallet内の通貨金額・右下にSTEPN Walletが表示される

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

STEPNのSpendingにある通貨はPhantom Walletに反映されません。トレードするにはSpending→Walletへの移動をしましょう。

▼ページ内の[Swap]から変更したい通貨・数量を入力して「Swap」をタップ、ネットワーク手数料(ガス代)を確認して「承認」

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

▼「Swap Completed!」でトレード完了、STEPN Walletにトレード後の通貨が増えていることを確認

STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順
STEPNウォレットをPhantomウォレットにインポートする手順

これでSTEPN Wallet内でのトレードではなく、OrcaにPhantom Walletを接続してトレードができました。

まとめ

phantom-wallet-logo

この記事ではSTEPN Wallet内のトレードではなく、Phantom WalletにSTEPN Walletをインポートしてトレードする手順を画像付きで解説しました。

  1. STEPNのメンテナンス
  2. STEPN内のトレードエラー

のような場面ではSTEPN内でトレードができないので、Phantom WalletをOrcaに接続してトレードしましょう。

Phantom Walletを使う手順は以下、設定は5分で終わります。

STEPNウォレットに入っている通貨なら、GST/GMT/USDCのどれでもトレード可能です。

STEPNのメンテナンスや混雑に影響されずトレードできるルートを確保しておきましょう!

日本円への換金には「STEPNにおすすめの取引所」の記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次