現金・仮想通貨がもらえるキャンペーン >>

【要注意】MetaMaskからビットポイントにGXE(ゼノ)を送金する方法

本サイトにはプロモーションが含まれます
【要注意】MetaMaskからビットポイントへのGXE送金方法

GXEをビットポイントに送金したい

送金方法や手数料は?

という疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • MetaMaskからビットポイントへの送金に必要なもの
  • MetaMaskからビットポイントへの送金方法
    • GXEがEthereumチェーンにある場合
    • GXEがBSC/BNBチェーンにある場合

※全手順の画面キャプチャあり

関連記事:メタマスクの仮想通貨を換金する方法

GXE(ゼノ)はEthereumチェーンBSC/BNBチェーンの2つに対応しています。

年利10%の「貸して増やす(レンディング)」などを活用するにはビットポイントへ送金します。

GXEの保有チェーンがどちらかによって、送金方法が違うので注意しましょう。

送金方法を間違うとGXEを失う可能性があります。

この記事を読めば、初心者でもミスなくGXEをMetaMaskからビットポイントに送金できます。

掲載情報は2023年9月時点の内容です

2つのキャンペーンで3,000円get!

ビットポイントなら紹介+口座開設キャンペーンを併用で最大3,000円相当がもらえます!

紹介コード(自動入力)で以下が即時にもらえます

  • 口座開設完了で500円分
  • アプリで1回以上取引すると1,000円分
BITPOINT(ビットポイント)紹介プログラム特典
出典:BITPoint
この記事を書いた人
saboプロフィール画像
sabo

NFTアートとゲームを楽しむブロガー
仮想通貨歴 3年 / NFT歴 2年
保有NFT 400点以上コレクションはこちら
実体験をもとに記事を執筆中

  Twitter   Contact

Twitter   Contact

クリックできる目次

MetaMaskからビットポイントにGXEを送金する際の注意点

GXE(ゼノ)はEthereumチェーンBSC/BNBチェーンの2つに対応しています。

どちらのチェーンで保有しているかによって、送金方法が違うので注意しましょう。

  • ビットポイントはEthereumチェーンのみ対応
  • 送金にはガス代が必要

ビットポイントのGXEはEthereumチェーンのみ対応

ビットポイントにGXEを送金するには、Ethereumチェーンでなければいけません。

EthereumチェーンのGXE(ゼノ)
ビットポイントに直送OK
BSC/BNBチェーンのGXE(ゼノ)
ビットポイントに直送NG

BSC/BNBチェーンにGXEがあるなら迂回が必要です。

GXEがBSC/BNBチェーンにあるときの送金方法」で手順を解説

送金にはガス代が必要

仮想通貨を送金するには、MetaMaskにガス代を用意しなければいけません。

ガス代とは?

ブロックチェーンのネットワーク利用料。NFTや仮想通貨の送信・取引・取り消しなど、操作ごとに発生(受信にガス代は不要)。ガス代は混雑状況によって変動。

ガス代は送金するネットワークごとに異なるので、注意しましょう。

  • Ethereumチェーン:ガス代はETH(0.01ETHあればOK)
  • BSC/BNBチェーン:ガス代はBNB(0.005BNBあればOK)

なお通貨ごとにおすすめの取引所がちがうので、比較表を参考にしてください。

ETH(イーサリアム)を板取引できて、送金手数料ゼロのがおすすめです。

スクロールできます
GMOコイン-ロゴビットフライヤー-ロゴコインチェック-ロゴ
入金手数料無料0〜330円
*銀行振込なら0円
0〜1,018円
*銀行振込なら0円
振込側の手数料
無料の銀行
住信SBI,PayPay
ゆうちょ
(ダイレクト)
住信SBI,GMOあおぞら
三井住友
(SMBCダイレクト)
GMOあおぞら
楽天
取引所での
ETH取扱
ありありなし
取引手数料販売所:スプレッド
取引所:Maker -0.01%
   Taker 0.05%
販売所:スプレッド
取引所:0.01〜0.15%
販売所:スプレッド
取引所:ー
最低送金額0.1ETH〜
*全額送金なら下限なし
0.001ETH0.005ETH〜
送金手数料無料0.005ETH0.005ETH
送金先制限なし(審査あり)制限なし制限なし
こんな人におすすめ0.1ETH以上or全額送金少額から始めたいわかりやすさ重視

公式サイト

公式サイト

公式サイト

参考:GMOコインbitFlyerCoincheck(2023年9月時点)

≫ 参考:イーサリアム/ETHにおすすめの取引所

USDTなど取扱のない通貨は送金NG

送金(入金)できるのは取引所に上場している通貨のみ。

USDTなどは国内取引所に送金できません。

換金したいときは、海外→国内のルートを使います。

≫ USDT(テザー)の換金手順

  1. USDTをMetaMask→海外取引所へ送金
  2. 海外取引所でXRPを買う
  3. XRPを海外取引所→国内の取引所に送金
  4. XRPを日本円に換金

はじめての方は「USDTを日本円にする方法」の記事をご覧ください。

【パターン①】GXEがEthereumチェーンにあるときの送金方法

GXEがEthereumチェーンにある場合、ビットポイントにはそのまま送金できます。

ガス代があるなら「②GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金」にジャンプ

Step1:ガス代のETHをMetaMaskに送金

GXEがEthereumチェーンにある場合、ガス代にはETHを使います。

ガス代とは?

ブロックチェーンのネットワーク利用料。NFTや仮想通貨の送信・取引・取り消しなど、操作ごとに発生(受信にガス代は不要)。ガス代は混雑状況によって変動。

メタマスクにETHがないなら取引所で0.01ETHくらい購入して送金しましょう。

ビットポイントは最低送金額が0.1ETH〜と高額なので注意

イーサリアムにおすすめの取引所」を参考にETHを購入・送金してください。

Step2:GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金

メタマスクにガス代のETHがあれば、ビットポイントに送金ができます。

▼ビットポイトの入出金からGXEの「入金」に進み、内容を確認して「GXE入金アドレス」をコピー

GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)

▼MetaMaskを開き、EthereumネットワークにあるGXEから「送信」をタップ

GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)

▼Toにビットポイントのアドレスをペーストして「次へ」、送金したいGXEの数量を入力して「次へ」

GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)

▼ガス代を確認して「送信」、この画面で送金完了

GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)

▼ビットポイントでGXEの入金を確認

GXEをMetaMaskからビットポイントへ送金(ERC20)

これでGXEをビットポイントに送金できました!

GXEは換金してもよし、「貸して増やす」で年利100%で運用するもよし、です。

【パターン②】GXEがBSC/BNBチェーンにあるときの送金方法

GXEがBSC/BNBチェーンにある場合は、Gate.ioを経由してビットポイントに送金します。

Gate.io登録、ガス代準備済みなら「③GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金」にジャンプ

Step1:両チェーン対応の「Gate.io」に登録

BSC/BNBチェーンにGXEがある場合、Ethereumチェーンのみ対応のビットポイントには送金不可。

Gate.ioという海外取引所を経由してチェーンを変更する必要があります。

MEXCではダメ?

MEXCでGXEの入出金できるのはBSC/BNBチェーンのみ。ビットポイントのEthereumネットワークとは互換性がありません。

口座開設は即日で完了するので、まだの方は早めに済ませておきましょう。

\ 当サイト経由で取引手数料10%OFF!/

Step2:ガス代のBNBをMetaMaskに送金

GXEがBSC/BNBチェーンにある場合、ガス代にはBNBを使います。

ガス代とは?

ブロックチェーンのネットワーク利用料。NFTや仮想通貨の送信・取引・取り消しなど、操作ごとに発生(受信にガス代は不要)。ガス代は混雑状況によって変動。

メタマスクにBNBがないなら取引所で0.005BNBくらい購入して送金しましょう。

各取引所の最低購入額・最低送金額を用意すればでOK

BNB(バイナンスコイン)の買い方」を参考にBNBを購入・送金してください。

海外取引所はSte1で解説したGate.ioでも問題ありません。

Step3:GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金

▼Gate.io右下のウォレット→入金→オンチェーン入金

GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)
GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)

▼GXEを検索して選択、ネットワークは「BSC/BEP20」、アドレスをコピー

GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)
GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)
GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)

▼MetaMaskを開き、BSC/BNBネットワークにあるGXEから「送信」をタップ

GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)

▼ToにGate.ioのアドレスをペーストして「次へ」、送金したいGXEの数量を入力して「次へ」

GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)
GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)

▼ガス代を確認して「送信」、この画面で送金完了

GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)
GXEをMetaMaskからGate.ioへ送金(BEP20)

ガス代は変動しますが0.005BNBあれば十分

ネットワークの混雑がなければ、いつも数分で送金は完了します。

Step4:GXEをGate.ioからビットポイントへ送金

GXEがGate.ioに入金できたら、Ethereumチェーンを選んでビットポイントに送金しましょう。

▼Gate.ioアプリ右下のウォレット→出金に進み、GXEを選択

GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)

▼オンチェーン出金を選択

GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)

▼ビットポイトの入出金からGXEの「入金」に進み、内容を確認して「GXE入金アドレス」をコピー

GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)

▼Gate.ioに戻りネットワークは「ETH/ERC20」を選択、送金したい数量を入力して「続ける」

GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)

GXEのEthereumチェーンの出金手数料は98 GXE、最低出金額は0.1 GXE

▼内容を確認、認証を入力して「了解」、この画面で出金申請が完了

GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)
GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)

▼ビットポイントでGXEの入金を確認

GXEをGate.ioからビットポイントへ送金(ERC20)

これでBSC/BNBチェーンにあるGXEをビットポイントに送金できました!

GXEは換金してもよし、「貸して増やす」で年利10%で運用するもよし、です。

よくある質問

MetaMaskからビットポイントへのGXE送金について、よくある質問まとめます。

GXEを送金するときのネットワークは?

ビットポイントはEthereumネットワークでのみGXEを入金できます。

≫ GXEがEthereumチェーンにあるときの送金方法

GXEがBSC/BNBチェーンの場合の送金方法は?

ビットポイントに直送できないので、Gate.ioという海外取引所を経由します。

≫ GXEがBSC/BNBEチェーンにあるときの送金方法

誤送金したときの対処法は?

通貨やチェーンやアドレスの指定を間違うと、ビットポイント側では受け取ることができません。MetaMask側でも送金の取り消しができないので、送金額は喪失します。

USDTはビットポイントに送金できる?

USDT(テザー)は国内取引所では売買できないので、海外取引所を介して換金します。

≫ USDTを日本円にする方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次