【NFTの受け取り方】無料配布Giveaway/エアドロップでもらおう!

【NFTの受け取り方】無料配布Giveaway/エアドロップでもらおう!

NFTの受け取り方が知りたい

Giveawayにはどうやって参加する?

という疑問にお答えします。

Twitterなどでよく見かけるNFTのGiveawayは「プレゼント」の意味。

専門用語も多く、はじめての方は戸惑うかもしれません。

が!せっかくNFTを’無料で’もらうチャンスです

この記事でNFT用語Giveawayの参加方法NFTの受け取り方をわかりやすく説明します。ぜひお役立てください。

画面キャプチャおよび掲載情報はすべて2022年1月時点の内容です

クリックできる目次

NFTの用語集

girl-gd1b12c8f0_1920

NFTの情報収集をしていると、専門用語がたくさん出てきます。

よく使われる用語と意味を最初に覚えておきましょう。

NFT用語集

  • Giveaway:プレゼント、与えるの意味
  • ウォレット:NFTや暗号資産を管理する財布
  • アドレス:ウォレットに紐づく番号(英数字)
  • OpenSea:世界最大のNFTマーケット
  • 一次流通:初めて成立した取引
  • 二次流通:オーナーが再販/転売した取引

ウォレットはPayPayのような財布の役割だと考えてください。

ウォレットにはアドレス(IDのようなもの)があり、仮想通貨やNFTの送信・受信に使います。

いろんなサービスとウォレットを連携すれば、ウォレットにある仮想通貨でかんたんに支払いが済ませられます。

OpenSeaNFTが取引されるマーケットで、AmazonやYahoo!ショッピングのような場所です。

NFTの特徴のひとつは二次流通以降でもクリエイターに取引額の一部が還元されることです。
*還元率はクリエイターの設定によります

Giveawayなど無料でもらったNFTも転売/再販できます。

購入時・入手時よりも高く再販することでコレクションの価値は上がり、クリエイターの評価にもつながります。

Giveawayへの参加方法

rohit-farmer-cYRMl1HeuVo-unsplash

Giveawayが告知される場所はTwitterがメイン。

NFTをはじめてすぐは、たくさんのGiveawayに参加してNFTをいただきました。

【OpenSea】saboのコレクション
※購入したNFTも含まれます

Twitterでは #NFTGiveaway のハッシュタグで、世界のクリエイターのツイートが検索できます。

日本語のツイートだけ検索したい場合は「#NFTGiveaway lang:ja」をお使いください。

NFTを受け取れるのは「条件を満たした全員」か「条件達成者の中から抽選」の2パターン。

参加条件はGiveawayの企画者が指定します。

  • 特定のTwitterアカウントをフォロー
  • Giveawayの告知ツイートをリツイート
  • 特定のハッシュタグをリツイート
  • ウォレットのアドレスを伝える
  • OpenSeaのコレクションに♡

などが多い印象。

指定された条件を達成すればGiveawayへの応募とみてもらえます。

参加条件でよく見る「ウォレットのアドレス」と「OpenSea」はNFTを受け取るために必須です。

ここからウォレット作成(アドレス取得)OpenSeaの登録の手順を説明します。

NFTの受け取り方

jan-canty-Ps8ffpzGJxM-unsplash

流れは以下、それぞれの操作はかんたんです。

NFTの受け取り方
 ①ウォレット(MetaMask)の作成
 ②OpenSeaと連携
 ③ウォレットのアドレスを伝える
 ④OpenSeaで確認後に公開

NFTを受け取るには「ウォレットのアドレス」と「OpenSeaの登録」必要です。

スマホの画面キャプチャでわかりやすく説明しますので、安心してご覧ください。

①ウォレット(MetaMask)の作成

有名なウォレットはいくつかありますが利用者がいちばん多いMetaMask(メタマスク)がおすすめ。

メタマスクを使う手順は以下、所要時間は約10分です。

MetaMask(メタマスク)を使う手順
 ①アプリをダウンロード
 ②パスワードの設定
 ③シークレットリカバリーフレーズの設定

MetaMaskアプリをダウンロード

メタマスクを装った偽サイトが多く存在します。

検索せず、公式サイト [https://metamask.io] またはアプリストアからダウンロードしてください。
*今回はiPhoneアプリでの設定手順です

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

▼アプリストアからダウンロード

MetaMask(メタマスク)の設定手順

アプリの開発元がMetaMaskであるか必ず確認しましょう

パスワードの設定

▼アプリを起動し「開始」から「新しいウォレットの作成」をタップ

MetaMask(メタマスク)の設定手順
MetaMask(メタマスク)の設定手順

▼内容を確認して「同意します」をタップ

MetaMask(メタマスク)の設定手順

▼パスワードを2回入力し、チェックを入れて「パスワードの作成」と「開始」をタップ

MetaMask(メタマスク)の設定手順
MetaMask(メタマスク)の設定手順

パスワードは8文字以上(英字と数字が使えます)

シークレットリカバリーフレーズの設定

シークレットリカバリーフレーズとは、PCとの同期や新しいスマホでMetaMaskアプリを復元する場合に必要なものです。

▼「表示」をタップし、画面のスクリーンショットを撮ったら「続行」をタップ

 ※次の画面で12個の単語を順番どおりに入力します

MetaMask(メタマスク)の設定手順

シークレットリカバリーフレーズを誰かに知られると不正アクセスの可能性が高まります。自分の資産を失いかねないため、無くしたり知られないように保管してください。

シークレットリカバリーフレーズの保管例は以下です。

シークレットリカバリーフレーズの保管方法
・紙に書き出す
・スクリーンショットを撮り印刷
・内容をパスワードソフトなどで保管

▼先ほどと同じ順番で12個の単語をタップし、「バックアップの完了」をタップ

MetaMask(メタマスク)の設定手順
MetaMask(メタマスク)の設定手順

▼「完了」をタップ

MetaMask(メタマスク)の設定手順

▼この画面でMetaMaskアプリの設定が完了

MetaMask(メタマスク)の設定手順

赤枠がウォレットのアドレスです。コイン送金NFTの受け取りなどに使用します。

②OpenSeaとMetaMaskを連携

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットです。

多くのクリエイターがOpenSeaに出品していて、Giveawayの参加条件にもよく使われます。

OpenSeaを始める手順は以下、所要時間は約5分です。

OpenSea(オープンシー)を始める手順
 ①OpeaSeaにアクセス
 ②MetaMaskと連携
 ③プロフィールの入力

OpenSeaのサイト内は英語表記なので、苦手な方はChromeの翻訳機能をお使いください。

OpenSeaにアクセス

スマホのブラウザで https://opensea.io へのアクセスがうまくできない場合は、MetaMaskアプリからのアクセスをお試しください。

▼MetaMaskアプリ左上のメニュから「ブラウザ」をタップ

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

▼「https://opensea.io」を検索してOpenSeaにアクセス(URLをコピペしてください)

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

OpenSea右上のメニューをタップ

Opensea(オープンシー)の設定手順

MetaMaskと連携(OpenSeaに登録/ログイン)

▼「Connect Wallet」をタップし、ウォレット(今回はMetaMask)を選択

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

▼MetaMaskが起動し、この画面でOpenSeaへログインが完了

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

MetaMaskのアプリ内ブラウザでOpenSeaを開いた状態です

プロフィールの入力

メールドレス・アイコンなどを設定します。

▼右上のメニュー→Accountをタップ

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

▼Profile→Settings(鍵マーク)をタップ

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

▼必要情報を入力して「Save」をタップ

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順
Profileの内容
  • Username*:名前(SNSと同じがベター)
  • Bio:経歴(任意、絵文字OK)
  • Email Address*:メールアドレス
  • Links:Twitter、Instagram、Webサイト
  • Wallet Adress:MetaMaskとの連携で自動入力
  • Profile Image:アイコン(SNSと同じがベター)
  • Profile Banner:プロフィール上部の背景画像

▼届いたメールの「VERIFY MY EMAIL」をタップし、この画面でOpenSeaへの登録が完了

Opensea(オープンシー)の設定手順
Opensea(オープンシー)の設定手順

これでOpenSeaが使えるようになりました。

③ウォレットのアドレスを伝える

①で作成したウォレット(MetaMask)のアドレスをコピーして、Giveawayの企画者へ伝えましょう。

▼MetaMaskアプリの赤枠をタップしてアドレスをコピー

*手打ちだと誤入力があるのでかならずコピペしてください

NFTの受け取り方

【注意】ウォレットアドレスの扱いについて
これは経験からの私見です。
リプライなど多くの人の目につく場所へアドレスを闇雲に書くことは推奨しません。アドレスのみで不正される可能性は低いと思いますが、ウォレットの中身はDeBankなどで誰にでも公開されています。

とくに初心者の方は慎重に。「当選したらDMなどで個別にアドレスを伝える」がいいと思います。

④OpenSeaで確認後に公開

当選してNFTを受け取ると、アイテムはOpenSeaのHiddenページに表示されます。

OpenSeaの他ユーザーにアイテムは見えず自分のみに見える状態です。

Opensea-hidden

公開したいときはアイテム左下の「…」からUnhideを選択すればCollectedに移動できます。

これでお気に入りのNFTがあなたのコレクションになりました!

おめでとうございます。

NFTに慣れてきたら転売/再販してみましょう。クリエイター支援にもなるのが嬉しいですね。

【重要】
資産を守るために「知らないNFTは触らない、求められてもMetaMaskの署名は絶対にしない」を徹底してください。以下、詳細 です。

勝手にNFTが送られてきたときの対処法

NFTをはじめると知らない人(ウォレットアドレス)からNFTがエアドロされことがあります。

OpenSea上でアドレスが公開されいるのと、Giveawayの参加でTwitterにアドレスを書くことで知られるようです。

送り主の主な目的は

  • 転売時のロイヤリティ
  • OpenSeaやMetaMaskのハッキング

だと思われます。

ロイヤリティ狙いなら被害はないですがハッキングを狙ったNFTとの見分けがつきません

ハッキングの手口はこちらのツイートが参考になります。

また見に覚えのないNFTをhiddenページで放置していても、高額オファーで気を引く手口もあるようです。

「ただでもらえてラッキー」「転売すればいいや」といった考えはNG。

ハッカーは私たちの何百倍も賢いです。

資産を守るために「知らないNFTは触らない、求められてもMetaMaskの署名は絶対にしない」を徹底してください(2回目)

まとめ

kira-auf-der-heide-8mj-o2H5PKE-unsplash

この記事では、Giveawayの参加方法NFTの受け取り方を解説しました。

NFTの受け取り方
 ①ウォレット(MetaMask)の作成
 ②OpenSeaと連携
 ③ウォレットのアドレスを伝える
 ④OpenSeaで確認後に公開

それぞれの手順はかんたんで所要時間もぜんぶで15分程度。

せっかくNFTに興味をもったなら「むずかしそう…」と諦めずにぜひ挑戦してみましょう。

これを機に「NFTを買ってみたい!」「売ってみたい!」と思った方はイーサリアム/ETHが必要です。

こちらのStep2・3を省略してNFTが購入できるので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
クリックできる目次
閉じる