BTC・現金がもらえるキャンーンはコチラ

【Phantom Wallet】ウォレットの作り方・スマホからPCへのインポートを画像で解説

【PhantomWallet】ウォレットの作り方・使い方

Phantomウォレットを作りたい

スマホからPCへのインポート方法は?

という疑問にお答えします。

仮想通貨のウォレットで有名なのはMetαMaskですがSolanaネットワークには非対応なので専用ウォレットを準備しましょう。

Solanaネットワーク対応のウォレットの中でもPhantom Walletは使いやすくて調べれば情報も多いのでおすすめです。

Solanaネットワーク対応のウォレット
  • Phantom Wallet
  • Sollet
  • Sollet Extension
  • Solflare
  • Math Walle

Phantom Walletを使う手順は以下、所要時間は約5分です。

スマホからPCへの同期も約5分で終わります。

この記事はスマホの画面キャプチャですが、PCもほぼ同じなので流れを参考にしてください。

画面キャプチャおよび掲載情報はすべて2022年7月時点の内容です

クリックできる目次

Phantom Walletの作り方

MetaMaskの使い方

Phantom Walletを使う前に仮想通貨取引所の口座が必要です。

大手の仮想通貨取引所でも

をおすすめします。

Phantom Walletを使う手順は以下、所要時間は約5分です。

ここからスマホアプリでの手順を説明します。

①Phantom Walletアプリをダウンロード

Phantom Walletを装った偽サイトが多く存在します。

検索せず公式サイト [https://phantom.app/] またはアプリストアからダウンロードしてください。
*今回はiPhoneアプリでの設定手順です

Phantom - Crypto Wallet

Phantom – Crypto Wallet

Phantom Technologies Incorporated無料posted withアプリーチ

▼アプリストアからダウンロード

Phantom Walletの作り方・使い方

アプリの開発元がPhantom Technologiesであるか必ず確認しましょう

②ウォレットの新規作成

▼アプリを起動し「新規ウォレットの作成」をタップ

Phantom Walletの作り方・使い方

▼生体認証のON /OFFを選択して「次へ」

Phantom Walletの作り方・使い方

③シークレットリカバリーフレーズの設定

シークレットリカバリーフレーズとは、PCとの同期や新しいスマホでPhantom Walletアプリを復元する場合に必要なものです。

▼シークレットリカバリーフレーズをメモしたら「OK、保存しました」をタップ

Phantom Walletの作り方・使い方

シークレットリカバリーフレーズを誰かに知られると不正アクセスの可能性が高まります。自分の資産を失いかねないため、無くしたり知られないように保管してください。

シークレットリカバリーフレーズの保管例は以下です。

シークレットリカバリーフレーズの保管方法
・紙に書き出す
・スクリーンショットを撮り印刷
・内容をパスワードソフトなどで保管

▼「OK」をタップ

Phantom Walletの作り方・使い方

▼この画面でPhantom Walletアプリの作成が完了

Phantom Walletの作り方・使い方

▼上部のウォレットアドレスをタップするとコピーされる

Phantom Walletの作り方・使い方
Phantom Walletの作り方・使い方

赤枠がウォレットのアドレスです。コイン送金NFTの受け取りなどに使用します。

*左下のメニューには、Phantom Walletのアドレスで受け取ったNFTが表示される

【Phantom Wallet】NFTの確認

*既存ウォレットをインポートしたい場合

最近はSolanaネットワークを使うMove to Earn(M2E)アプリが増加しています。

STEPNなどアプリ内ウォレットPhantom Walletにインポートして使うと便利です。

M2Eアプリ内ウォレットをPhantom Walletにインポートすると

  • M2EアプリとPhantom Walletのアドレスは同じ
  • M2Eアプリ外でトレード可能
  • M2Eアプリがメンテ中もトレード・出金できる
  • 通貨(トークン)以外にNFTも管理できる

などのメリットがあります。

STEPNを例として「Phantom Walletのインポート方法」で手順を詳しく解説しています。

他のM2Eアプリも手順は同じなので参考にしてください。

スマホからPCにインポートする方法

MetaMaskの使い方

スマホアプリとPCを同期すると、同じウォレットのアドレスで取引をすることができます。

手順は以下、所要時間は約5分です。

仮想通貨の取引をはじめる前に済ませておくと便利です。

①スマホアプリでシークレットリカバリーフレーズを確認

Phantom Walletアプリ左上のメニューから「セキュリティとプライバシー」をタップ

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期
【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼「シークレットリカバリーフレーズを表示」をタップ

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼「タップしてシークレットフレーズを表示」

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼シークレットリカバリーフレーズを紙などに書き写すか、クリップボードにコピーして「完了」

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

②PCにPhantom Walletをダウンロード

▼PCで公式サイトにアクセスし、ページ中断からブラウザを選択
>> https://phantom.app/download

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼Chromeウェブストアで「Chromeに追加」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

Phantom Walletが対応しているブラウザはChrome・FireFox・Brave・Edgeです

▼「拡張機能を追加」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼ブラウザ右上のパズルマーク→ピンマークをクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

↓ブラウザにアイコンが固定され起動しやすくなります

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

③ウォレットのインポート

▼「既にウォレットを持っています」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼12個のシークレットリカバリーフレーズを順番通りに入力

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

コピー&ペーストできないので手入力です。1文字でも間違っているとボタンが押せません。

▼「ウォレットのインポート」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼対象のウォレットアドレスを選択して「選択したアカウントをインポート」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

私の場合はスマホのPhantom Walletに「STEPNのアプリ内ウォレット」「純正のPhantom Wallet」の2つのアドレスを保有しているため2つともをPCにインポートしました。

▼パスワードを2回入力して利用規約に同意、「続行」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

パスワードはPCのみで使用(スマホアプリでは不要)のようです。

▼この画面でスマホからPCへインポート完了

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼ピン留めのPhantom Walletから、左上の「メニューバー」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼インポートしたウォレットが表示される(ここで切り替えも可能)

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

スマホアプリとPCのアドレスが同じか確認しましょう。

▼ウォレットの名称を変えたい場合は右下の「設定」をクリック

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

▼ペンマークをクリックするとウォレット名の編集が可能

【Phantom Wallet】スマホからPCへの同期

これでスマホからPCへの同期は完了です。

よくある質問

Phantom Walletについてのよくある質問をまとめました。

ウォレットアドレスを2つ作るとシークレットリカバリーフレーズは別?

アプリやPCの拡張機能内から「ウォレットの追加」をすると、各ウォレットは以下になります。

  • アドレスは別
  • シークレットリカバリーフレーズは同じ
  • 秘密の鍵は別
PCにうまくインポートできない

シークレットリカバリーフレーズの入力画面で止まることがあります。1文字でも間違うと「ウォレットをインポートする」ボタンが押せないようです。スペルミスがないか見直しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次